中学の時の同級生Aと2人で酒は飲みに出かけ、あれがプチ援でスッキリ抜いてもらっている話をされました。
彼は僕と違って、先払いで騙されてしまった経験がないようでした。
実際に女の子と知り合うことができ、車内フェラで気持ちよくしてもらうことができているらしいのです。
ツイッターのようなツールだと、出会い目的ではないので相手を探すのは難しいと言われました。
「ネットの中では確実に、フェラ割をやっている女の子がいるからね。
そういう女の子と知り合うことができれば、本当に高確率でしゃぶってもらえるんだよね」
高確率でやってもらえるなんて最高じゃないかってワクワクしてしまったんです。
あとはどうやって出会えばいいのか、Aはどうやって相手を調達しているのか、その部分がとても気になりました。
「俺は出会い系サイトなんだよね」
彼は出会い系サイトを利用して、F割の女の子を調達していると言ってきたのです。
ただし、自分にとってみると出会い系サイトって言うのは使ってはいけないものだというイメージがあったのです。
僕は一度も出会い系サイトの利用がないのですが、それはサクラがいるからという理由からでした。
顔の見えない世界だから相手を騙すのがとても簡単、高額な利用料金だけ取られてしまって終わってしまうのがオチだろうと思っていたのです。
「出会い系サイトもいろいろだからね、まあほとんどインチキサイトなんだけどさ。
ほんのちょっとだけ、まともに運営している。出会い系があるの知らない?」
まともな運営をやっている出会い系の存在なんて、初めて聞いたのでした。

「優良って評価を得られているんだけどさ、そういうサイトは利用料金が低価格設定だし、女の子たくさん集めることに成功しているから出会いが多いのよ。
だから口割りの相手なんか、かなり簡単に探せるって思ってもいいよ」
良い出会い系サイトを使うことで、フェラ抜き相手か簡単に見つかるというのはすごいなって感じでした。
僕も彼みたいに車内のフェラで気持ちよくしてもらいたい、そんな気持ちが強力になっていきました。